スマートフォンの人気は今後も続く

コンピュータが導入される目的は、全ての作業を手で進めるよりも効率的だからです。よってコンピュータが最も早く普及した場所は、ビジネスの行われる現場だと言われています。家庭では出費をして効率化をする必要性が薄いからです。しかしコンピュータの価格が少しずつ下落していき、家庭でも導入されるケースが増えていきました。その頃にはインターネット回線が安価で利用出来るようになっており、エンターテインメント性も存在していたので家庭での普及は必然です。社会に出てからコンピュータが利用出来ないと仕事で活躍出来ないという風潮もあったため、子供の学習用の教材として購入に踏み切った家庭が多いという一面もあります。スペックの向上やアプリケーションの充実が果たされていたおかげで、一般層でもパソコンの重要性が認知されていたのです。そしてブラインドタイピングやソフトウェアのインストールの様な技術は、多くの子供が見に付けるようになったのです。それからはデスクトップパソコンは少しずつサイズが見直され、持ち運び出来る端末が登場する事になります。俗に言うノートパソコンと呼ばれる種類で、仕事において様々な場所へ持っていける点が強みです。デスクトップパソコンよりも拡張性は低いですが、持ち運び出来る上に操作に支障の無い性能は、魅力的な商材だと評価されています。そしてノートパソコンも改良されるようになり、次に登場したのがタブレット端末やスマートフォンです。ノートパソコンよりもサイズが小さい上に電話も基本機能として搭載されていたので、ノートパソコンだけでなくフィーチャーフォンの立場を脅かす事になりました。そしてその頃にはデスクトップパソコンの性能を引き出す事はライトユーザーには難しくなっており、スマートフォンの所持だけで十分という人が増え始めたのです。その状況は現在も継続されており、スマートフォンの地位はしばらく安泰であると評価されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ