モンスターハンター エクスプロアは爽快感に期待

モンスターハンター エクスプロアは確かに登場人物もひとりひとりしっかりと練りこんでおり、ドラマティックでドメスティックなストーリー展開に期待している人も少なくありません。しかしながら、モンハンの醍醐味といったらストーリー性ではなくアクション性に尽きるのではないでしょうか?たとえば、モンハンシリーズがアクション性をそこそことしてストーリー性を重視した場合、ここまで爆発的な人気タイトルシリーズとしてトップレベルのシェアを獲得するには至らなかったと思われるのです。

その証拠というわけでもありませんが、「一狩りいこうぜ」といった名フレーズがそこはかとなく醸し出しているといえると筆者はお伝えしたいのです。あまり小難しい話をしたいのではありませんが、要するにモンスターハンター エクスプロアも入念に練り上げられたスパイス的なキャラクターが紡ぎだすストーリー展開だけに期待するのは時期尚早といえるかもしれないということです。

やはりなんといっても、求めておきたいのはその独特ともいえる爽快感です。これがデビルメイクライシリーズのようなスタイリッシュアクションとは違って、制限された中での爽快感といえばいいのでしょうか。自由の効かない中で可能な限りのアクションを叩きだして大型モンスターを攻略する楽しみ、自由が効かなくてひとりひとりでは非力だから仲間と協力しあって自分たちより実力が圧倒的に上なモンスターをハントする爽快感がモンハンシリーズにはあるのです。

モンスターハンター エクスプロアに求めるのもそこです。スマートフォンのゲームアプリだからといって、おそらく妥協しないでカプコンは全力投球してくるはずに違いありません。いまかいまかとワクワクしながら、そのプレオープンの日をそこはかとなく待ち続けている状況なのは何も筆者だけに限らないでしょう。ぜひ、いずこかのサーバーで出会いしときはお手柔らかにパーティープレーをお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ