個人が開発したスマートフォンのゲームについて

パソコンとインターネットが普及し始めた頃、フリーゲームが人気を集めました。フリーゲームとは無料で配布されているゲームで、大半は個人が開発しています。利益を得られる見込みが無ければ、企業がフリーゲームの開発に参入しないのは当然です。フリーゲームはダウンロードをした人間を楽しませるだけに留まりませんでした。専用の環境を構築すれば、面白いゲームを一人でも作れる可能性を示したのです。よって現在においても力を入れたフリーゲーム開発を楽しむ人がいます。だからスマートフォンのゲームを個人が開発するようになったのは必然だったのです。スマートフォンは基本ソフトがインストールされており、その上に応用ソフトのアプリケーションを搭載して活用します。基本的なスマートフォンの思想はパソコンと多くが共通しており、大きな違いは使用されているソフトウェアです。よってスマートフォンのゲームを個人開発する事は難しくありませんでした。コンピュータ言語さえ習得していれば参入出来る上に、スマートフォンのソフト開発ではJavaを利用出来るのです。Javaはプログラマーであれば必須言語と評されるほど様々なシーンで使われています。Javaの学習環境はパソコンが登場した頃よりも整っているので、パソコンのフリーゲーム開発が盛んだった頃よりも敷居は低くなっているのです。スマートフォンで開発されるゲームは多種多様です。特にパソコンにおいても一般的だったダウンロード形式は人気を集めています。ダウンロードする対象に必要な物は揃っているので、ユーザーが担当する事は少ないからです。技術的な知識を持たなくても遊ぶ事が出来ます。そしてスマートフォンが普及を始めてから開発が盛んになっているのは、サーバーに接続して遊ぶタイプです。サーバーに接続して遊べるスマートフォンのゲームは、ネットワーク環境を維持する事が必要になります。よってパソコンのフリーゲームでは普及が進まなかったのです。しかしスマートフォンは常時ネットワーク接続が可能なので、サーバーにアクセスして遊ぶタイプのゲームも人気を博しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ