久しぶりに機種変更してみたらスマートフォンの性能向上に驚いた

私がガラケーからスマートフォンに乗り換えたのは、今から3年半ほど前のことでした。

そろそろガラケーの時代も終わりだなと感じ、なんとなくスマートフォンに手を出してみたわけです。しかし、当初思い描いていたサクサク便利な感覚とはほど遠い私の初代スマホの扱い辛さに、乗り換えてからしばらくは家族などにグチめいたものをこぼすこともしばしばでした。これは別段スマートフォンが悪いというわけではなく、単にガラケーの扱いに染まっていた私自身がスマホに慣れていなかっただけで、案の定およそ一か月も経たないうちに、やっぱりスマートフォンって良いなあと思い直すようになりました。

とはいえ、買った機種が少し古いものであったせいもあって、使い続けているうちに、アプリ等が対応していないという事態が多々起こるようになりました。また、インストールしたアプリの動作にも制限がかかっていたらしく、本来行えるはずのアクションがまったく出来なかったりして、ある種の限界点めいたものを感じていたのも確かです。

そこで、スマホに乗り換えて3年半ぶりに、スマートフォン2台目への機種変更を敢行しました。

最新機種に変えてみて衝撃的だったのは、3年半前、自分が思い描いていたサクサク動く便利なスマホが手に入ったということでした。同じスマホであるにもかかわらず、機種変を行った前後では「やれること」に雲泥の差が生まれたのです。

今まで使えなかったアプリも楽々インストールでき、ずっと不便だと思っていたブラウザからのログインなしでもSNSを楽しむことが今では出来ています。

加えて、カメラ機能の充実ぶりには心底驚きました。以前のスマートフォンではどうしてもぼやけたような写真しか撮れなかったのですが、今回の機種は違います。それこそデジタル一眼と同等ではないかと思えるぐらいの高画質での撮影が可能となったのです。インストールしたフィルターアプリと組み合わせて使い、今ではスマホ内のアルバムに自慢の写真コレクションが並び始めています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ