スマートフォンで人気のハンティングゲームが登場

ハンティングゲームと呼ばれるジャンルが登場したのは、カプコンの開発したモンスターハンターシリーズの手柄です。モンスターハンターシリーズが登場した頃は、アクションゲームという枠組みに分類されていました。しかし登場から10年以上が経過した2015年に至り、モンスターハンターシリーズと似たシステムを搭載されているゲームは、ハンティングゲームと表記されるようになったのです。その事実だけでも多くのゲームファンから支持されているのは間違いありません。クエストを受注して特定のモンスターを倒すだけがハンティングゲームの内容です。しかしプレイを繰り返すほどユーザーの技術は向上し、モンスターを狩る時間が短縮出来ます。普通のゲームと違い装備の充実やステータスアップだけでは、真の熟練プレイヤーにはなれないのです。単純ながらも非常に奥の深いシステムだと言えます。それに加えて通信機能を用いれば、友達と一緒に狩りを楽しむ事が可能です。この機能の存在のおかげでシリーズ化されたと言われています。通信機能が充実しているスマートフォンが、モンスターハンター エクスプロアのプラットフォームに選ばれたのは必然です。赤外線通信とは違って目の前の人だけでなく、スマートフォンを持つ全てのゲームプレイヤーが協力相手になり得ます。つまりまだ見たことのない達人と出会える可能性もあるという事です。モンスターハンター エクスプロアが登場する以前も、インターネットを介して遠く離れたプレイヤーと遊ぶ事は出来ました。しかし細かい設定をしてネットワークの速度も考慮しなければならないので、技術的な知識に乏しい人には難しかったのです。スマートフォンは何も意識しなくても通信をする事が出来ます。元々が他者と連絡を取るために開発されたフィーチャーフォンの発展した機種だからです。モンスターハンター エクスプロアをスマートフォンで遊べるようにしたのは、誰でも遠くの人と遊べるようにしたいというコンセプトが存在したからだと言えます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ